洗濯ネットの収納は大きさ別に洗濯ネットの中に
2017年06月12日

洗濯ネットの収納は大きさ別に洗濯ネットの中に


tulips-708410_640.jpg


洗濯の必需品の洗濯ネット。
どの家にもいくつもの洗濯ネットがあることと思います。
柔らかく扱いにくい洗濯ネットをどこにどんな風に収納されていますか?

置き場所は同じでも収納方法をちょっと変えてみました。
たったそれだけで、雑然としていた洗濯ネットがすっきりと納まるようになりました。

スポンサーリンク




洗濯ネットの置き場所

置いてあるのは洗濯機上の棚。
この棚はリフォームの際に、洗濯機置き場上部のスペースが勿体なくて作ってもらったものです。

洗濯機置き場上部棚JPG

棚板の位置は好みで調整できます。
この棚に100均のカゴを置き、その中に洗濯ネットをたたんで入れていました。

100均のカゴに収納

洗濯ネットは長方形のもの(35p×44pのものと46p×51pのもの)、ブラ用、スラックス・スーツ用と形の異なるものが何枚も入っています。

100均のカゴはポンポン入れられて便利な反面、いつの間にか雑然としてきます。

かごの中を仕切る

雑然としているなら仕切って使えばいい・・・ということで、最近使っていない丸い洗濯ネットが2つあったので、その中に長方形のものを大きさ別に入れることにしました。

収納用にした2つの洗濯ネットの大きさが異なっていたので、どちらにどの大きさのものが入っているかわかりやすいです。

スラックス・スーツ用は大きくしっかりした作りなので、たたんで立ててかごの奥に。
手前に洗濯ネットinしたものを2つ入れました。
サイドにブラ用を立てて。

洗濯ネット.JPG

収納棚は仕切りカーテンで目隠し

3段の収納棚には、ティッシュペーパー、シャンプーやボディーソープなどのストック品、100均の小さなカゴに入れた洗濯バサミ、洗濯ハンガーなど洗濯に使うものやバスルームで使うものを置いています。

リフォーム当初はこの棚はむき出しでした。
生活感をなくすために、きれいなケースなどで統一して収納しようかと考えた時期もありました。

現在は以前の住まいで使っていた仕切りカーテンを半分に折って縫いとめて、突っ張り棒に通して目隠しにしています。

洗濯ネット置き場.JPG 洗濯ネット置き場.JPG

統一されたケースにきれいに収納すると、何が入っているか見えにくくなります。
私はパッと目に入った方がものの在りかがわかりやすいタイプ。
目隠しカーテンならめくればどこに何が置いてあるかひと目でわかります。

この方法で自分にとっての使い勝手はそのままで、見た目の問題が解決しました。
さらに洗濯ネットの雑然さも片付きスッキリです。

ケースに入れてラベリングしたらわかりやすい人、ざっくり収納で目に入る方がわかりやすい人。
整理、収納の方法は行動パターンや思考パターンに応じて、それぞれに適した方法を用いるとストレスも減ることと思います。


整理、片付けの参考にしています。
ブログ村テーマ
収納・片付け

ざっくり整理&収納のススメ
すっきり暮らす
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
WEB内覧会*洗面所

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


スポンサーリンク

posted by ゆきの at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180018588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
全 記 事 一 覧





Copyright (C)2015 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All rights reserved


▲TOPへ戻る